2021年03月14日

本日は震災記念日が過ぎまだまだ完全に復興が戻らない又被災者の方々の必死に傷を忘れようと立ち直る姿に我が身の恵まれて居る立場に頑張らなければ東北の方々に申し訳ないと考えさせられる日でした、私たちも福島原発からいまだ忘れる事のない恐怖を何時までも背負うこと一緒にお誓い致します

東北の地震は私のお店の一番絶好調の10年目の時起ききました、あれから商いの辛さが加わり坂道を転がるようにお店の再建は厳しいものでした。多数の先生を抱え3店舗襲い掛かる経費に怯えながら今年開店22年目に80歳と言う年齢の壁にぶつかり現在は自宅を改装して
仕事をして居ます今回の移転は多くの方々の応援を戴き無事に落ち着きました.その上で改めて現在多くのお客様に家を探しながらお出で頂けることご支援に雅心からお礼申し上げますこの先出来る限り心を大切にした人生相談命のある限り邁進して行く所存です。那須の母雅

心洗われる水芭蕉

2mhana2.jpg

那須茶臼岳

139834_e139834a.jpg


京都法然院30分人影が門から消えるまで待った記憶が残ります

DSCF3124.JPG
posted by みやび at 01:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする